歴史講座

本州中央内陸部における商品流通と輸送
―甲州街道の成立から中央線の開通まで-

 

2014年度新規開講

 戦国時代~明治時代に至る、本州中央内陸部(東山道・中山道・甲州街道を中心とした地域)における商品生産・流通とその輸送について、当時の史料(古文書)を交えながら、わかりやすくお話しいただきます。



<概 要>

第1回 10月18日(土)「戦国期伝馬制と甲州街道の成立」

第2回 11月 1日(土)「近世本州中央内陸部における商品流通」

第3回 11月15日(土)「内陸における地域的市場の展開」

第4回 11月29日(土)「横浜開港とその影響」

第5回  12月14日(日)「運輸政策の近代化とその影響」*5回目のみ日曜日開催



<講 師> 交通史研究会(現:交通史学会)前会長 増田廣實先生

<対 象> 交通・運輸の歴史や古文書に関心のある方(どなたでも参加できます)
        全ての回にご出席いただくことを原則としております

<時 間> 午後2時~4時 

<定 員> 50名 

        要電話申込 物流博物館 ℡03-3280-1616 

<受講料> 1回500円*1回ごとにお支払いいただきます

増田先生の解説に熱心に聞き入る受講生のみなさん 

2003年度の古文書講座より