マンスリー上映会

 

 当館では、昭和20年代~50年代の物流に関する映画フィルムを収蔵しており、

これらの作品の多くをデジタル化しています。

 昨年度に続き、今年度もデジタル化を完了した映像から作品を選び、

 毎月1回の上映会を開催いたします。

色彩や傷等を修復し、新たに甦った過去の映像をぜひご覧ください。 

 

 

開催日:2018年8月26日(日)    

時間:①10:30~11:40 ②13:00~14:10 ③15:00~16:10    

    *下記作品を1日3回上映致します(予約不要)

    *参加費は無料ですが、別途入館料が必要です

 



<上映作品> 

※いずれもデジタルリマスター版による上映です。

1)「荷役はかわる 第3集 ユニット・ロード・システム」 
1964年/カラー/27分/製作:東京シネマ/企画:日本通運㈱/演出:森田実
内容:物流現場を劇的に変えた、貨物を一括して機械荷役し輸送・保管を行うユニットロード
   システムと一貫パレチゼーションを、さまざまな事例と共に解説。


2)「国宝の旅立ち」
1980年/カラー/24分/製作:岩波映画/企画:日本通運㈱/演出:神馬亥佐雄
内容:東大寺大仏殿昭和大修理の完成を記念し各地で開かれた「東大寺展」へ、門外不出の
   国宝が旅立つ姿を描く。  


<開催予定・記録>

第1回 5月27日(日)「300トントレーラー」「晴海埠頭倉庫」

第2回 6月24日(日)「欧米の貨物輸送作業」「荷役はかわる 第2集」 

第3回 7月29日(日)「エレクション架設工法」「花開く日本万国博 EXPO'70」 

第4回 8月26日(日) 

第5回10月28日(日)*9月はお休み