映画上映会

 

  当館では、昭和20年代~50年代の物流に関する映画フィルムを収蔵していますが、

これまでに約100本に及ぶ記録映像のデジタル化を完了しました。

 このたび、デジタル化を記念して、その中からテーマごとに作品を選び、上映会を行うこととなりました。

 月ごとに上映作品を変え、9月まで毎月1回の上映会を開催する予定です。

色彩や傷等を修復し、新たに甦った過去の映像をぜひご覧ください。 

 

5月のチラシはこちら

 

第1回 テーマ「1964」 

 東京オリンピックに関連した映像作品と、同時代の重量品輸送の記録映画を通して、高度経済成長期の時代相を回顧します。

 

開催日:2017年5月28日(日)    

時間:①10:30~12:20 ②13:00~14:50 ③15:00~16:50    

    *下記作品を1日3回上映致します(予約不要)

    *参加費は無料ですが、別途入館料が必要です

 



<上映作品> ※いずれもデジタルリマスター版による上映です。

1)「白いレール」 
1964年/23分/カラー/製作:東京テレビ映画㈱/企画:日本通運㈱ 
内容:東京オリンピックを契機に計画された東京モノレール敷設工事の記録。 
 
2)「オリンピックを運ぶ」 
1964年/41分/カラー/製作:輸送経済新聞社/企画:日本通運㈱/演出:野田眞吉 
内容:1964年に開催された東京オリンピックを輸送の視点から描いた作品。 
 
3)「68の車輪」 
1965年/33分/カラー/製作:東京シネマ/企画:日本通運㈱/演出:森田実 
内容:300トン超重量トレーラーによる変圧器輸送のようすを描いた作品。 



<今後の開催予定>

第2回 6月25日(日) テーマ「巨大移転作業―引越し大作戦」

第3回 7月 9日(日) テーマ「『美』を運ぶ人びと」

第4回 8月27日(日) テーマ「トラックドライバー魂」

第5回 9月10日(日) テーマ「超重量品輸送の世界」