映画上映会

 

  当館では、昭和20年代~50年代の物流に関する映画フィルムを収蔵していますが、

これまでに約100本に及ぶ記録映像のデジタル化を完了しました。

 このたび、デジタル化を記念して、その中からテーマごとに作品を選び、上映会を行うこととなりました。

 月ごとに上映作品を変え、9月まで毎月1回の上映会を開催いたします。

色彩や傷等を修復し、新たに甦った過去の映像をぜひご覧ください。 

 

第4回テーマ 「トラックドライバー魂」  チラシ(PDF)

 輸送を支えるトラックドライバーが登場する作品を通してその活躍と責任感、心意気を映像作品の中に探ります。

 

開催日:2017年8月27日(日)    

時間:①10:30~12:20 ②13:00~14:50 ③15:00~16:50    

    *下記作品を1日3回上映致します(予約不要)

    *参加費は無料ですが、別途入館料が必要です

 



<上映作品> ※1・2はデジタルリマスター版による上映です。

1)「黄色い車―運転手心得より-」 
1958年/20分/カラー/製作:運輸新聞映画部/企画:日本通運㈱/脚本・演出:菅家陳彦 
内容:汐留貨物駅を舞台に、ベテラントラック運転手と後輩の若い三輪トレーラ運転手が
   業務に励む姿を追う。汐留駅での荷役作業、都電の走る街並みを行く三輪トレーラなどが
   見どころ。
 
2)「アフリカ10,000キロ」 
1966年/29分/カラー/製作:JETRO撮影班/企画:日本通運㈱
内容:ジェトロ主催の東アフリカ巡回展示の記録。24台の車両の3か月半に及ぶ日本商品紹介の
   旅の様子を描く。 
 
3)「未来街道エクスプレス アジア横断7000キロ」 
2015~2016年/45分/カラー/第1~12回/制作:HEAD・JASC/企画:日本通運㈱ 
内容:上海からシンガポールまでの7000kmを走破し、国や地域を越えた物流を実現する
   トラック輸送サービスのようすを、車窓の風景やドライバーの仕事ぶりを通して紹介。 



<開催予定>

第1回 5月28日(日) テーマ「1964」 チラシ(PDF)

第2回 6月25日(日) テーマ「巨大移転作業―引越し大作戦」 チラシ(PDF)

第3回 7月 9日(日) テーマ「『美』を運ぶ人びと」 チラシ(PDF)

第4回 8月27日(日) テーマ「トラックドライバー魂」 チラシ(PDF)

第5回 9月10日(日) テーマ「超重量品輸送の世界」